結婚するときにもらった婚約指輪

結婚するときにもらった婚約指輪

結婚するときにもらった婚約指輪

私は昨年結婚をしました。
2年間付き合っていた人で、お互いにいつかは結婚したいと思っていましたが、プロポーズをされる前に妊娠していることがわかり入籍することになりました。
まだ結婚をするつもりではなかったし、貯金が少なかったので、婚約指輪はもらわず結婚式も挙げないつもりでいました。

でも彼の両親がそういうことはきちんとしておいた方がいい、と言ってくれて指輪をもらい結婚式を挙げました。
婚約指輪は彼のお母さんが結婚するときにもらったものをリメイクして譲ってくれました。
大きなダイヤモンドがついた立て爪の指輪だったのですが、彼のお母さんはもう自分がつけることはないから、と言って譲ってくれたのです。
彼のお母さんが婚約指輪をもらったのは30年くらい前になるのでデザインはやや古風でした。
だから宝石店に持って行ってダイヤモンドはそのまま使い、指輪の土台のプラチナは買い取ってもらって新しいデザインのものに作り直してもらいました。

宝石店でいくつかのデザインを見せてもらいその中から自分が気に入ったものを選んで作り直してもらいました。
デザインは結構多くあったので迷ったのですが、彼と相談をして気に入ったものを選びました。
初めは大事な思い入れのある大事な指輪をもらうのは申し訳ないという気持ちでしたが、リメイクしたものを見て自分でもすごく気に入ったし、彼のお母さんも素敵だと言ってくれて指輪をいただいてよかったと思いました。
また、お母さんから指輪を譲ってもらったことで、何となく嫁として迎え入れてもらったような気がして嬉しかったです。
結婚して素敵なお母さんと家族になれて嬉しかったです。
産まれた子どもは女の子だったので将来はお嫁さんに行くことになると思いますが、その時は素敵な家族ができたらいいなと思いました。
そして、もしこの先私に男の子が産まれたらお嫁に来てもらう子に指輪を受け継いでもらうのもいいな、と考えています。